就職できなくたって負けないぞ

日々是精進。詐欺師に騙されてお金を取られたけど、それ以上に自力で稼いでやる!と心を震わせる男のブログ。

パチンコの出玉規制は是か非か?

      2017/07/20

Pocket
LINEで送る

おはようございます、トヨナガです(@t040aki)。

早起き生活2日目、3時に起きたいけどなかなか起きられません。
早めのこの生活リズムに慣れていけるように頑張ります。

さて、突然ですがあなたはパチンコをやりますか?
今やっている人、パチンコでお金を稼ぐことは諦めた方がよいかもしれません。
これから始めようと思っている人、趣味程度で1円パチンコくらいにしておいた方がよいかもしれません。

出玉、規制されちゃうみたいです。

スポンサーリンク

 

パチンコの出玉規制の本当の狙いは別のところにある?

近年問題になっているパチンコ依存性
これ、気持ちよくわかるんですけど、出ないのが悔しくて、認めたくなくて、どんどんお金をつぎ込んじゃうんですよね。
あ、別に僕は依存性じゃないですし、ここ数年は全く遊戯はしていないですよ。(パチンコ店のトイレを借りることは多々あります)

今回、警視庁がパチンコの出玉制限をする方針を固めた背景には、この依存性をどうするかみたいな理由があるようです。
その制限は、今の2/3ということらしいので、例えば10万円これまで勝てていた人が、同じ時間パチンコしても6万円くらいしか稼げなくなってしまうということですね。

ただ、パチンコってかなりグレーな部分があるお店で、公的に認められたギャンブルでは無いんですよね。
なので、どういう形式を取っているかと言うと、出玉をお店で直接換金するわけではなく、一旦変な板みたいなやつに交換してもらって、それを換金所で売買するという流れになっています。

でも、こんなかたちで警視庁が規制してしまったら、国が暗に認めてしまったと言ってもいいですよね(笑)

カジノ設立に対する布石

カジノ法案が成立した現在、ギャンブル依存性に対する関心が高まり、その対策に政府が乗り出すというよくわからない構造が出来上がりました。

そもそも、ギャンブルに依存してくれた方が、カジノやパチンコ、そしてそれを認めている政府からしたら儲かるから、法案を制定した政府が「カジノ作るけど依存しないでねー」と言ったところで、全く説得力ないですよね。

まあ、だけどそんな本音は言えないので、とりあえずカジノが出来る前にパチンコで依存性に対する対策を行っているところを見せておこうというポーズでしょうね。

しかし、こうやってパチンコを規制してしまうと、3つの問題があります。

1.パチンコ店の売上が減る

これは当然のことですが、これまでより儲からないということを国が決めてしまったので、おそらく多少客足に影響はあると思います。

当然、その分パチンコ店の売上は減ります。
しかし、パチンコ店にはバックエンド商材、つまりパチンコ店に来ている人に対して他の商品やサービスを売るということはあまりしてきていません。

飲食を提供したりしていますが、規制がかかると長時間滞在する人も減ってくる気もするので、その辺で総合的に売上が落ち、税収も減ることになるでしょう。

2.関連事業の売上が減る

パチンコ店の売上が下がると、関連する事業にも影響が出てきます。

その中でも一番被害を被るのは、折込チラシの業界でしょうね。

パチンコ店って、新台入替の度にチラシを打ちます。
その為、ある程度折込業界にとったら毎月計算できる業種がパチンコなわけですが、年々チラシに対する規制が厳しくなったことで、折込業界も青色吐息になっています。

売上が下がれば、まず広告費を削るのが(本当は一番ダメなんですが)経営者がやってしまいがちなことなので、それに付帯する事業の売上も落ちるでしょう。

3.雇用が減る

そして、売上が落ちれば当然雇用も減ります。
パチンコ業界って結構特殊で、不景気にもあまり左右されずに人を雇用できてきたというメリットがあります。

決してイメージの良い業界ではありませんが、それでも仕事してお金が欲しい人は、パチンコ業界に就職すればとりあえず生活費は稼げるようになるわけです。

しかし、売上が落ちれば当然雇用も厳しくなります。
結果的に、社員の負担が大きくなり、人員不足か過労問題が取りざたされるでしょう。

ということにはならないでしょう

パチンコの規制がかかることで起きる問題を予想してみましたが、おそらくこういうことは現実には起こらないでしょう(笑)

理由としては単純で、パチンコに稼ぎに来ている人なんて現在ではほとんどおらず、お客さんのほとんどが暇を持て余した老人か営業時間の暇つぶしの営業マンです。

依存性とか言いますが、そんなのほんとに一部の人で、現実的には老人憩いの場か、サラリーマンの休憩場所ですよ。
なので、客足のパイから見れば、パチンコで本気で稼ごうと思っている人なんて少数派なので、出玉を値上げして、配当を少なくすればそういう人たちは自ずと別の稼げるギャンブルに流れていきます。

そんなタイミングで、カジノができたら最高ですよね?

というわけで、パチンコの売上はほとんど変わらず、出玉制限を実施した後は、玉を値上げして本気のギャンブラーがカジノへと足を運びやすい環境を作ってあげるという、政府の思いやり政策だと僕は妄想しています。

来年の2月が楽しみだ!

スポンサーリンク

Pocket
LINEで送る

ご案内

トヨナガアキヒロってどんな人?

それでも生きていく

月額4,980円のアフィリエイト養成講座

1,980円のプロブロガーとして生きる教科書

人気記事セレクション

  1. 新型シエンタが納車されました。
  2. インフルエンザに気をつけましょう
  3. 赤ちゃんもママもぐっすり眠れる魔法の時間割 レビュー

人気の食レポ

  1. ねぶた家【静岡市葵区】~大盛りランチ 満腹間違いなし!~
  2. ガンジー【焼津市】~本場インドカレーと絶品チーズナン~
  3. MONTEGO CAFE(モンテゴカフェ)【富士宮市】~絶品と評判のハンバーガー!~
  4. ささ家【富士市】~手作りが嬉しい。ほっとするお惣菜~
  5. 麺屋 燕(つばめ)【島田市】~朝から行列ができるラーメン店~

プロブロガーになりたい人の為のメルマガ講座

プロブロガー養成講座
姓名* (姓)  (名)
フリガナ* (セイ)  (メイ)
メールアドレス*
生年月日*  /  / 
ブログURL*
HP URL*

 

 
今日も元気につぶやき中。

 - ビジネス