就職できなくたって負けないぞ

日々是精進。詐欺師に騙されてお金を取られたけど、それ以上に自力で稼いでやる!と心を震わせる男のブログ。

詐欺被害に合わない為にかならずやっておきたい2つのこと

   

Pocket
LINEで送る

おはようございます、トヨナガです(@t040aki)。

僕は昨年~今年頭に、詐欺被害に合って総額でも結構なお金を騙し取られました。

関連記事:詐欺被害にあいました
関連記事:詐欺師は人のお金で暮らすことしか考えていない
関連記事:心底人を嫌いになりました

ホント、詐欺師のせいで人生狂ったんですけど、まあ今頑張って軌道修正中・・・。
失ったものも大きいけど、得たものも大きかったと前向きに考えているところです。

まあ、もう二度と関わりたくないんですけど、そうも言ってられないのでとことん戦うつもりではいますが、その辺の事は解決したら報告します。

ホント悪い人とはもう人生で二度と関わりたくないんですけど、そうは言っても悪い奴は世界中にたくさんいます。
最近警察の方と話す機会が多いんですけど、聞いていると、僕が騙された詐欺師なんて小物中の小物ですねw

なんにせよ、基本的に詐欺被害なんて合わなければ合わない方が良いはずです。
僕が詐欺被害に合って、弁護士や警察から受けたアドバイスを公開します。

詐欺被害に合わないためには、たった2つの事に注意すればOKです!

スポンサーリンク

 

1.お金を貸さない

「おいおい、当たり前だろ」と思われた方、要注意。
僕も基本的に疑り深い人間なので、詐欺なんか合うわけ無いと思っていました。

しかし、詐欺師だって馬鹿ではありません。
その労力を別の事に向ければ成功しそうなもんで、その点は馬鹿だと思うんですが、まず「人を信用させる」ことにものすごく長けています。

関連記事:ビジネスで大切なのは信頼関係

なので簡単に信用して、お金を貸してしまうんですよね。

お金の貸し借りって人間関係を壊します。
もし貸す場合は、余裕があるときに返ってこなくてもいいやという気持ちで貸すようにしましょう。

どうしても貸す場合は必ず借用書を書かせる

それでも貸す側としては、その後の人間関係を壊したくないと思うこともあると思います。
本当に相手が困っていて(詐欺師の場合はフリですが)、貸してあげないとという場合は、必ず借用書を書いてもらいましょう。

署名と捺印があれば、別にテンプレートはなんでも構いませんし、手書きでもOKです。
借用書へのサインを渋る場合、基本的にそいつは詐欺師で返すつもりはないので、貸すのはやめましょう。

できれば連帯保証人をつけてもらうと、詐欺師が返さなくても連帯保証人に請求できるのでより詐欺被害に合う可能性が減ります。
連帯保証人をつけることを渋ったら、そいつは100%詐欺師なので絶対に貸さないようにしましょう。(僕の場合はこれでした)

借用書はなるべく公正証書で

借用書を書いてもらうとき、できれば公証人役場で公正証書としてもらいましょう。

http://www.geocities.jp/gyouseitaro/004b/toha.html

借用書だけでも効力は発揮できますが、公正証書にしておけば返済がなかった時点で諸々の差し押さえ請求が可能になります。
そうすることで、回収できないというリスクはかなり抑えることができます。

しかし、ここまでやって返済がない場合は、相手は詐欺師かもしくは相手との関係は壊れるでしょうw

2.まずは周りに相談する

詐欺師のすごいメンタリティであると同時に、馬鹿だよなーと思う特徴の一つとして、「手当たり次第に声をかける」という特徴があります。
僕の詐欺師も、僕の周りの人間数人から、合計300万円ほど借金をして、「借用書がないから返さない」とか「借りてない」という形で逃げいている(というかこの時点で詐欺)わけです。

順番にもよりますが、「最近連絡がないなー」と思っているそこまで深くないけど遠くもない関係性の人が現れたら要注意。
その人は詐欺被害にあった可能性があります。

もし、「お金をかしてほしい」と言われたら周りの人に「この人からお金の話とかってありました?」って聞いてみましょう。

僕の場合、連絡した人全員お金の話をされており、貸した人も貸さなかった人もみんな疎遠になっていた人でした。

なので、貸す前にまず周りに相談してみましょう。
そうすることで、そいつの実態をなんとなく掴めるかもしれません。

まとめ

詐欺師というのは、何らかの理由で公的な機関や一般的な金融機関からの借り入れができない人間でもあります。
前科があるのか、破産経験があるのか知りませんが、とりあえず社会的な信用が低く、嘘に嘘を重ねた最低の人間です。

その嘘に騙される方が悪いという人もいるかもしれません。
でも、詐欺師の嘘は騙すほうが100%悪いです。

ただ、それの防衛策として上記のことをやっておかないと、いざ自分が被害にあったとき、戦っても負けてしまう可能性が高いです。

その法律自体もおかしいのですが、自己防衛のためにはしっかりと知識をつけることが重要です。
もともと、人の金をアテにするやつなんて、ロクな奴がいないと思うので、スパッと縁を切るいい機会かもしれませんね。

スポンサーリンク

Pocket
LINEで送る

ご案内

トヨナガアキヒロってどんな人?

それでも生きていく

月額4,980円のアフィリエイト養成講座

1,980円のプロブロガーとして生きる教科書

人気記事セレクション

  1. 新型シエンタが納車されました。
  2. インフルエンザに気をつけましょう
  3. 赤ちゃんもママもぐっすり眠れる魔法の時間割 レビュー

人気の食レポ

  1. ねぶた家【静岡市葵区】~大盛りランチ 満腹間違いなし!~
  2. ガンジー【焼津市】~本場インドカレーと絶品チーズナン~
  3. MONTEGO CAFE(モンテゴカフェ)【富士宮市】~絶品と評判のハンバーガー!~
  4. ささ家【富士市】~手作りが嬉しい。ほっとするお惣菜~
  5. 麺屋 燕(つばめ)【島田市】~朝から行列ができるラーメン店~

プロブロガーになりたい人の為のメルマガ講座

プロブロガー養成講座
姓名* (姓)  (名)
フリガナ* (セイ)  (メイ)
メールアドレス*
生年月日*  /  / 
ブログURL*
HP URL*

 

 
今日も元気につぶやき中。

 - プライベート ,