就職できなくたって負けないぞ

日々是精進。詐欺師に騙されてお金を取られたけど、それ以上に自力で稼いでやる!と心を震わせる男のブログ。

柴崎岳が鹿島アントラーズに戻ってくるかも!?

      2017/06/29

Pocket
LINEで送る

こんばんは、トヨナガです(@t040aki)。

風邪は治ったんですが、咳が止まらずたまに吐きそうになります。
なにかいい対処方があったら教えてください・・・。

こんな報道が出る時点で、うまくいっていない事は事実なのでしょう。
まあ、僕は前に言いました、彼の移籍には反対派でした。

関連記事:柴崎岳の移籍に反対する3つの理由

柴崎岳の移籍は本当に本人の意思だったのか?

柴崎岳の移籍に反対する3つの理由でも書きましたが、今回の移籍は疑問が多いドタバタでの移籍でした。

転職までの準備期間が1週間だったら満足な仕事ができるか?

わかりやすく言うと、あなたが転職を考えていたとします。
転職しようと思うときは、大体下記の4点が考慮されると思います。

  1. 海外勤務
  2. 今より給料が多くなる
  3. 今の会社より優良企業
  4. 自分の実力を適正に評価してくれる

柴崎岳の今回の移籍は、上記のどの条件も満たされていないわけなんですね。

1.海外勤務

これは、確かに海外勤務ですが、あまりにも急すぎます。
一般人だったら「採用!1週間後からスペインで勤務してください。その間に、現地での居住地も探して、車も手配して、すぐに仕事ができる環境を整えておいてください」と言われているようなものです。

人それぞれだと思いますが、世界中どこでも生活できる人と、そうでない人っていると思うんです。
僕もは後者なので、多分いきなりスペイン行けって言われたら、なじめない自信があります。

そういった事を考慮しないと、柴崎岳のように病気になります。

「クラブだけでなくホテルの従業員も…」 不安障害に襲われた柴崎の現状をテネリフェ幹部が説明

2.給料が多くなる

柴崎岳の年俸がわからないので、これは保留。

3.今の会社より優良企業

これ!正直、テネリフェというチームが、どの程度強いのかわかりませんが、鹿島とガチンコでやった場合に、五分か鹿島の方がちょっと強いかもしれないくらいのレベルのような気もするんですよね。

一昔前のように【海外=各上】という時代ではないので、スペイン2部にJリーグのチャンピオンチームから移籍する理由があまり見つかりません。

4.実力の適正評価

これも、まだチームで出場していないので何とも言えませんが、ケガの影響もあったのかもしれませんけど、鹿島でやっていたポジションは、本当はやりたいポジションではなかったのかもしれません。
鹿島の中心選手ではあるんですけど、彼を中心にチームを作るというかたちではなかったので、そこに不満はあったのかもしれません。

結果的に、悪い予想が的中してしまったので、残念すぎますね。

監督も起用に踏み切れないのはおかしい

今回の報道で気になった部分がココ。

チームはリーグ戦残り7試合で1部昇格争いの渦中にあり、加入間もない柴崎をホセ・ルイス・マルティ監督も思い切って起用できずにいる。

ビックリなんですけど、そんなの今更?って感じです。
僕は、彼が移籍した時点で、こういう事になると予想してました。

2.1月の移籍はチームにフィットする期間が短すぎる

これは上述した事ですが、1月の移籍というのは基本的には「即戦力」が求められます。
シーズン途中で加入するわけですから、ある程度チームの戦術や起用方法が固まっている中で、ポジションを奪わないといけないので、夏のメルカートと比べると圧倒的に加入のメリットが低いのです。

これが、世界中のサッカーファンが知っているようなビッグネームなら心配することはありませんが、柴崎岳は、日本人でもサッカー好きが知っているくらいのレベルの選手です。

こういう選手が1月に移籍するのは、メリットよりもデメリットの方が大きいと思います。

このタイミングで起用に戸惑っているって事は、即戦力として期待していたわけじゃないってことですよね。
そうなってくると、やっぱり無理やり移籍させたって気がしてきます。

相変わらずの鹿島の甘さ

一番びっくりしたのが最後の一文。

J復帰の場合、古巣鹿島が最有力となる。チームは昨年のリーグ制覇や12月のクラブW杯準優勝の活躍など、これまでの実績を評価。オフに大型補強をしたが、真価を発揮できていない。クラブ側も「まだ話はないが、受け入れる用意はある」としており、空き番号となっている「背番号10」の復帰に好意的な姿勢を見せている。

いやいや、旅行じゃないんだから!

セレッソに山口や柿谷、清武が復帰した時も思いましたが、日本のチームって基本的に優しいですよね。
海外挑戦したいって言えば「頑張れ!行ってこい!」って送り出して、無理だったから日本帰りたいって言えば「いつでも戻ってこい!」って言ってくれて、お金出して復帰させてくれるわけですから。

別にいいとは思いますが、そんな保険がかかった状態で移籍しても、ハングリーさも何も無いですよね。

まとめ

そもそも、失敗するのが目に見えてわかっていた今回の移籍。
本人はもちろんですが、鹿島、そして代理人。

周りがもっと制してあげるべきだったと思います。

せっかくなので、簡単に帰ってくるんじゃなくて、ドイツかどっかでもう半年頑張ってきてほしいと思います。

Pocket
LINEで送る

ご案内

トヨナガアキヒロってどんな人?

それでも生きていく

月額4,980円のアフィリエイト養成講座

1,980円のプロブロガーとして生きる教科書

人気記事セレクション

  1. 新型シエンタが納車されました。
  2. インフルエンザに気をつけましょう
  3. 赤ちゃんもママもぐっすり眠れる魔法の時間割 レビュー

人気の食レポ

  1. ねぶた家【静岡市葵区】~大盛りランチ 満腹間違いなし!~
  2. ガンジー【焼津市】~本場インドカレーと絶品チーズナン~
  3. MONTEGO CAFE(モンテゴカフェ)【富士宮市】~絶品と評判のハンバーガー!~
  4. ささ家【富士市】~手作りが嬉しい。ほっとするお惣菜~
  5. 麺屋 燕(つばめ)【島田市】~朝から行列ができるラーメン店~

プロブロガーになりたい人の為のメルマガ講座

プロブロガー養成講座
姓名* (姓)  (名)
フリガナ* (セイ)  (メイ)
メールアドレス*
生年月日*  /  / 
ブログURL*
HP URL*

 

 
今日も元気につぶやき中。

 - Jリーグ, サッカー ,