メルマガ登録してくれた人には抽選でJリーグ観戦チケットをプレゼント!いますぐ登録する人はこちらをタップ

2018ロシアワールドカップ 全力プレーのメッシに感動した

2018ロシアワールドカップ 全力プレーのメッシに感動した

こんばんは、トヨアキ(@t040aki)です。

最終節、勝たなければグループリーグ敗退の危機に陥った、メッシ率いるアルゼンチン。

ナイジェリアを相手に、勝利が絶対条件であり、より多く点差をつければなおよし。という状況でしたが、思わぬ苦戦を強いられた格好となりました。

Advertisement

前半良かったアルゼンチン

色々ゴタゴタのあったアルゼンチンは、スタメンを入れ替えて挑みました。

結果から言うと、この采配は見事に的中。
アグエロのような、スペースに流れる選手よりも、イグアインのような真ん中にドーンっていうタイプのFWがいた方が、メッシのスペースを生み出してくれます。

メッシも、これまでは中央にいましたが、基本的には右サイドに開いた状態でスタートしていました。
デルピエロゾーンならぬ、メッシゾーンですね。

そこから中に入ってパス&ゴーで抜け出すなど、メッシがバルサで行なっているサッカーと近いスタイルで挑んだアルゼンチンは、序盤から攻勢を仕掛けました。

メッシのビューティフルゴール

すると、中央で前を向いたガゴからのミドルパスをメッシが絶妙なトラップからのシュートで先制点を奪います。

マジメッシ激ウマでした。

モモトラップ→左足トラップ→右足シュートの一連の流れが、全くスピードが落ちないでプレーしてるわけですから。
めちゃくちゃ簡単なように見えましたが、実際には難易度かなり高いプレーでした。

この後もアルゼンチンはいい感じで攻め続け、前半を終えました。

後半ダメだったアルゼンチン

しかし後半、なぜかアルゼンチンがこれまでのダメダメチンに戻ってしまいます。

これには、いくつかの理由が考えられますが、1つは主力の高齢化のため体力の消耗が激しかったことです。
これ、結構メッシが顕著に現れており、後半メッシのパスミスの多さはかなりヤバかったです。

そのほかにも、引き分け以上を目指すナイジェリアが攻勢に出てきたことで、守備を前からやるのかきっちりひくのかはっきりしなかったことも問題でしたね。

結果として、選手同士の距離が広がってしまい、前半のよかったアルゼンチンは見られなくなりました。

厳しい判定だったPK

こうなると、ナイジェリアはどんどん前に出てきます。
そして、不用意なコーナーキックを与えてしまうと、その流れの中でマスチェラーノがPKを与えてしまいます。

でも、このPKは少し厳しすぎでしたね。VARを使って覆るかと思いましたが、判定はそのままとなりました。

話は少し逸れますが、VARって使える審判と使いこなせない審判がいると思います。

「審判は絶対だ!」と、このシステム導入を反対している人は、仮にVARでチェックしても覆さないでしょうし、逆に「審判も人間だからね」というタイプの人なら、なんの抵抗もなく判定を覆すでしょう。

そういう意味では、審判の基準が一定ではなくなってしまう可能性があるので、大会後の精査は必要になるでしょうね。

後半終了間際に勝ち越しゴール

同点に追いつかれた後も、アルゼンチンはどこかちぐはぐ。
一方ナイジェリアは、きっちりと守備をしながら無理をしないスタイルでゲームを進行していきました。

アルゼンチンの敗退が見えてきた後半41分、右サイドからのクロスをオーバーラップしていたセンターバックのロホが合わせて勝ち越しゴール。

あとは南米特有のしっかりとした守備と細かいつなぎで逃げ切ったアルゼンチンが、ギリギリで決勝トーナメント進出を決定しました。

滅多に見られないメッシの「ハッスルプレー」

決勝ゴールを奪ってからの10分弱の時間、特に印象に残ったのは、メッシが前線からスライディングして相手にプレッシャーをかけ、メッシがイエローカード覚悟で時間稼ぎをし、メッシが点を取りに行かずにボールをキープする姿でした。

こんなメッシ、ここ数年見たことないです。

何としても勝ちたい。

そんなメッシの気持ちが伝わってきたプレーでした。そういえば、ロホに一番最初に抱きついて喜んでいたのもメッシでした。

試合後倒れたメッシに感動した

試合終了の笛とともに、メッシはピッチに倒れ込みました。

当然、安堵感や喜びもあったでしょうが、それよりも何よりも疲労がすごかったのでしょう。

メッシという才能を消耗させたアルゼンチンはもっとしっかりとして欲しいと思いますが、バルセロナでは圧倒的な存在として君臨し、守備は免除され、どんな状態でも得点を狙い続けるメッシが、勝利のために前線でボールを追い回し、スライディングを仕掛け、体を張ってボールをキープし、全力を出し尽くした姿に、ものすごく感動しました。

アルゼンチン、おめでとう!

まとめ

よもやの苦戦となったアルゼンチンでしたが、見事に決勝トーナメント進出を決定しました。

1回戦は、グループCを首位で通過したフランスとの対戦。

フランスの若い才能が勝つのか、アルゼンチンのベテランの経験が勝るのか注目です。

Advertisement

観戦チケット無料プレゼント企画実施中!

CTA-IMAGE 現地観戦レポートや観戦のこぼれ話、また特別なご案内などはメルマガで優先的にご案内する予定です!たまーにですが、チケットプレゼント企画も実施するので、ぜひご登録を!