メルマガ登録してくれた人には抽選でJリーグ観戦チケットをプレゼント!いますぐ登録する人はこちらをタップ

参入障壁を作ることの重要性

参入障壁を作ることの重要性

こんばんは。トヨアキです(@t040aki)。
フェイスブックでは多数告知していますが、今回新サービス、「アロママーケティング」をリリースしました。
これからこのブログで、色々な効能や成功事例を発表していこうと思っているのでお楽しみに!

さてさて、新サービスをリリースしたということで、本日は価格競争に巻き込まれないためのコツについてお話しようと思います。

Advertisement

参入障壁を作るべき!

どんなに新しいビジネスでも、色々な会社がモデルをパクリ、あれよこれよと同業が増えていきます。
最近で一番すごかったのは、グルーポンが流行った後のクーポン業界
一時、大小合わせれば全国で200~300サイトくらいあったんじゃないでしょうか?

あれって、結局同じようなシステムが100万くらいで作れて、広告主(お店)を集めるのに『成功報酬』という当時は珍しい報酬体系にしたことで、参入障壁が一気に低くなり、あれだけ爆発的に増えてしまった結果、競争力が上がった一方でサービスの価値が下がり、現在では大多数が淘汰されました。

参入障壁は高すぎず低すぎず

参入障壁を高くすることは非常に重要。
テレビ業界は、放送法という法律まで作り、参入できないようにしていますよね。

まあ逆に、ここまで高くしすぎると競争力が無くなって、業界としては低迷します
今のテレビ業界がいい例ですね(笑)

話がそれました・・・。

適度な参入障壁を築くには

この『参入障壁』を高くする方法は色々あります。

例えば、その業界に加盟するのに莫大な金額が必要というルールを決めるとか、僕らの始めたアロママーケティングなんかは、今度の東京五輪の選手村で設置されることが決まっている商品を使うので、そのレア感で参入障壁を高くしています。(あと、高度な提案力っていうのもありますが、それは別のお話。)

ただ、一番効果的なのは「情報の蓄積」つまりブログ等ですね。

数や量、時間というのは、何より高い参入障壁になります。
塵も積もれば山となるとはよく言ったもので、毎日コツコツと積み上げる事。

これ一番大切。
時間はかかりますが、これほど強いものはないですよ。

だって、毎日1記事更新したら、年365記事。
翌年から参入してきた人が追い付こうと思ったら、毎日2記事書かなければいけないわけですから。

これがいわゆる「コンテンツSEO」ってやつですね。

お金で買う事はできません。(お金払って記事代筆してもらう事はできますが、莫大なお金がかかります。)

地道にコツコツ積み上げることって、大切だなーと改めて感じてます。
このブログも、平日は毎日更新できるように頑張ります(笑)

まとめ

戦略や戦術はもちろん大切ですが、一番は毎日やる事。
反応が無くても、体調が悪くても毎日やる事。

これって、「言うは易く行うは難し」なんですが、習慣づけたら一番強い。

そう、自分に言い聞かす・・・。(笑)

Advertisement

観戦チケット無料プレゼント企画実施中!

CTA-IMAGE 現地観戦レポートや観戦のこぼれ話、また特別なご案内などはメルマガで優先的にご案内する予定です!たまーにですが、チケットプレゼント企画も実施するので、ぜひご登録を!