メルマガ登録してくれた人には抽選でJリーグ観戦チケットをプレゼント!いますぐ登録する人はこちらをタップ

本田圭佑がカンボジア代表のGMに就任!実質的な代表監督として選手と二足のわらじを履くことに

本田圭佑がカンボジア代表のGMに就任!実質的な代表監督として選手と二足のわらじを履くことに

本田圭佑が新たなチャレンジとして、「カンボジア代表監督」に就任することを発表しました。

実際にはライセンスを保持していないので、GMという肩書きで、監督は別に存在しますが、実質カンボジア代表チームのトップとして、メンバー選考からゲームの指揮を取るそうです。

しかし、現役を引退するわけではなく、先日、オーストラリアAリーグのメルボルン・ヴィクトリーへの移籍を発表したばかり。

つまり、「現役選手」と「代表監督」の二足のわらじを履くことになるようです。

これには賛否両論出ており、というより反対する意見も多いようですが、個人的には面白い試みだと思いますし、本田圭佑はもちろん、この決断をしたカンボジアのサッカー協会のチャレンジ精神は素晴らしいと感じています。

本田圭佑の新たなるチャレンジ、紐解いてみましょう。

Advertisement

本田圭佑にカンボジア代表監督は務まるのか?

日本代表の監督発表前にも、監督就任の色気を出していた本田圭佑。
多分彼の中で、現役を続けながら監督業を行うというのは、ずっと温めていたプランなのだと思います。

しかし、クラブチームの監督は、現役を続けながら行うのは実質不可能に近いでしょう。
そこで白羽の矢を立てたのが、代表監督。しかもサッカー後進国の。

実際には、国際Aマッチデーはカンボジア代表チームに帯同し、試合の指揮も取るそうです。
そして、合流できないときに関しては、現地にいるスタッフとzoomなどを使いコミュニケーションを取りながらチームの舵を取ることになるようです。

これはかなり大変な仕事でしょう。
実査に、現役でプレーを行いながら、チームの状況を見たり、カンボジアの選手の映像などをチェックしてメンバー選考をしたり、対戦相手のゲーム分析をしたり。

生半可な覚悟ではできないことかもしれませんが、それでも本田圭佑とカンボジアサッカー協会はできると判断した。
そこには、本田圭佑側の猛烈なプレゼンがあったのではないでしょうか。

本田圭佑がカンボジア代表の指揮を取るのは不可能ではない

結論から言えば、本田圭佑が現役を続けながら、カンボジア代表監督として指揮を取ることは、決して不可能なことではないでしょう。

カンボジア代表・本田監督 現役選手の異例挑戦に疑問の声

まあ、武田修氏の薄っぺらい意見なのでなんともですが、こんな意見があるのは当然だと思います。
だけど、これって、サッカーしか知らない、サッカーバカの常識なんですよね。

ただし、現役選手としてチームと契約しながら、代表監督としてチームを指揮するわけですから、当然双方の理解は必要となります。

本田圭佑がメルボルンに移籍した理由は、間違いなく「代表監督との兼任をOKした」からでしょう。
そして、この条件があったからこそ、本田圭佑の所属チームがなかなか決まらなかった理由の1つでしょう。

あとは、本田圭佑が日本への復帰はないと断言した理由も、この辺りにありそうですね。

日本では、このようなチャレンジを受け入れるチームはないでしょうし、外野がうるさすぎます。
武田氏が述べたように、チームで活躍できなければ、それが原因で叩かれることになるでしょう。

そのような観点からも、日本への復帰はないと明言したのでは?と考えます。

一方で、カンボジアというチームの監督となることもこの場合のポイントとなります。

それは、カンボジア代表が「今すぐ結果を出すことを求めていないということ。

本田とカンボジア代表の契約期間は2年間。
この間は無報酬で、移動費や宿泊費などの実費に関しては、カンボジアサッカー協会が負担するという契約のようです。

ということは、カンボジアサッカー協会からすれば、2年間は監督への報酬を払わずにチームを強化できるのです。
そして、2年後、本田圭佑が引退するのか、現役を続けるのかを相談しながら、新たに契約条件を変更すればいいのです。

本田自身も、会見で「カンボジアのサッカースタイルを確立することと、サッカー以外のカンボジアの魅力を発信すること」が役割だと話しています。

チームをゆっくりと成長させながら、観光大使的な役割を担うことで、カンボジアという国の発展に尽力しようという姿勢です。

つまり、4年後のワールドカップ出場を目指しているわけではないのです。
もっと先、8年後、12年後のワールドカップに出場できる国、アジアの強国になれるようなチーム作りの土台を担うこと。

それが、今回の本田圭佑とカンボジアサッカー協会の描く絵図だと思うので、代表監督に関して言えば、成功か失敗かわかるのはかなり先なのです。

ビジネスの現場では社長が会社にいなくても仕事は回る

監督は難しい仕事だし、それを現役を続けながら、チームで運営するっていう感覚って、普通の会社に似ています。
つまり、会社を経営する、ということです。

これまでのプロスポーツチームの場合、監督が常にチームに帯同しなければならないという常識があります。
そうしないと、監督してマネージメントするのは不可能だという考えがあるんですね。

しかし、普通の会社の場合、社長が全ての業務を把握し、全従業員のマネージメントをすることは不可能です。

そのために、管理職を置いて、社長は業務を社員に任せて、社長にしかできない仕事をするわけです。

テクノロジーの発展により、世界中どこにいても、ほぼリアルタイムで連絡や情報の共有をできるようになりました。

だからこそ、今回の本田圭佑のようなスタイルが認められたのです。

サッカーの現場でも可能なのか?そこに本田圭佑は挑戦する

これまでの常識を覆す。

これが、本田圭佑が現役最後のミッションとして、自分に課したチャレンジでしょう。

このチャレンジが成功すれば、現役の選手として活躍しながらセカンドキャリアの構築はもちろん、様々な可能性が広がります。

例えば、イニエスタ。
彼が、いまだに世界最高峰の選手であることに疑いの余地はありませんが、すでに34歳。確実に引退は近づいています。

そこでヴィッセルも、常にチームに帯同する必要はないGMに近いポジションに就任してもらえば、指導者としてクラブに関わってもらうことも可能です。

リーグの半分くらいをスペインで、もう半分を日本で過ごしてもらうような、デュアルライフを送りながら仕事をしてもらえます。

サッカーの現場に必ずいなければいけない存在はありますが、監督に関しては絶対にその場にいなければいけないポジションではない時代になってきたのではないでしょうか。

本田圭佑がカンボジア代表監督になる2つのデメリット

本田圭佑のカンボジア代表監督になったことは、とても期待のもてることです。

ただし、カンボジア代表監督になったことで、本田圭佑自身に2つのデメリットをもたらされることも事実でしょう。

1.日本代表からは遠ざかる(敬遠される)

現役続行において、東京五輪を目指すことを明言した本田圭佑。
そこを見据え、本人がボランチ転向を考えているという報道もあります。

本田圭佑が新天地でボランチ転向狙う、五輪OA視野

ただし、長友が本田に投げかけていたように、もしカンボジア代表と日本代表が戦うことになったら、本田を代表に選出するのか、しないのか。

そう考えると、日本サッカー協会側からすれば、敬遠せざるを得ないというのが本音のところでしょう。

まあ、僕は、本田圭佑を東京五輪代表に選ぶべきではないと思っています。

なので、今回のこの発表は、こっちが本命で東京五輪に関しては、この情報を出す前に注目を集めるための情報戦略だと感じています。

2.メルボルン・ビクトリーでの地位が危ぶまれる

武田氏の意見ではないですが、メルボルンからすれば、本田と1年契約を締結しているので、1年間はチームでの活動に専念してもらいたいというのが本音でしょう。

サッカー選手として、しっかりと活躍した上で、監督業を両立させる。

全く違う2つのことをやろうとしているので、1つ1つで評価すべきなのですが、人の見る目としては、「本業サッカー選手、副業代表監督」となります。

新しいチャレンジをしているので、支持してくれる人は多いでしょうが、その倍以上の人が、彼を批判するでしょう。
それは、本業で結果を出さなければ、どんどん大きくなるでしょう。

どこまで自分を追い込むんだ!と、彼のストイックさには本当に頭が下がります。

「サッカー選手」ではなく「ビジネスマン」本田圭佑が務めるカンボジア代表に期待!

今回の本田圭佑の発表は、これからのサッカー界の新しいスタンダードモデルとなる可能性があります。

しかもこれ、普通のサッカー選手だったら思いつかない発想でしょうね。

本田圭佑が、様々なチームのオーナーとしてビジネスマンとしての顔を持つからこそ、この考えが浮かんだのだと思います。

そしてこれ、ビジネスマンだったら思いつくものかもしれませんが、ビジネスマンがこれからサッカー選手になることはできません。
そういう意味では、現在の全世界のサッカー選手の中で、本田圭佑が唯一の視点と考え方を持って、チャレンジするプロジェクトとなります。

このようなプランは、正直驚きですが、紐解いていくと実に理にかなっていると感じました。

本田圭佑、最後の挑戦を見届けたいと思います。

Advertisement

観戦チケット無料プレゼント企画実施中!

CTA-IMAGE 現地観戦レポートや観戦のこぼれ話、また特別なご案内などはメルマガで優先的にご案内する予定です!たまーにですが、チケットプレゼント企画も実施するので、ぜひご登録を!