メルマガ登録してくれた人には抽選でJリーグ観戦チケットをプレゼント!いますぐ登録する人はこちらをタップ

イニエスタがJリーグ初ゴール!ワールドクラスのプレーが詰まったワンプレー!

イニエスタがJリーグ初ゴール!ワールドクラスのプレーが詰まったワンプレー!

魅せてくれました!イニエスタ!

Jリーグ出場3試合目にして、Jリーグ初ゴール!
しかも、ワールドクラスのプレーを魅せてくました。

このゴール、すべてがワールドクラスのプレーでした。
凝縮されたプレーを紐解いてみましょう。

Advertisement

イニエスタとポドルスキが躍動!

2018年8月11日、イニエスタがついにJリーグ初ゴールを挙げました。

これまで、イニエスタが一時帰国したり、ポドルスキが怪我をしたりで、なかなかワールドクラスの二人が揃うことはありませんでしたが、揃った途端にゴールが生まれました。
アシストは、ポドルスキ。

しかも、このブログを書いている8月15日には、2試合連続でゴール。しかもまたもやポドルスキから。

イニエスタの確実なトラップからの展開力はもちろん、右のウイング気味のポジションを取ったポドルスキが、そのキック力を活かした斜めのサイドチェンジをバンバン送っていましたが、このボールを難なくいなしていたのがイニエスタでした。

他の選手はあまりのボールの速さにトラップミスしたり、追いつけなかったり。

イニエスタとポドルスキが揃うことで、お互いにイメージ共有でき、さらに周りの選手がそこに呼応しているように見えました。

ワールドクラスの二人、半端ないです。

イニエスタのJリーグ初ゴールに詰まった4つのワールドクラスのプレー

イニエスタのゴールシーンですが、ポドルスキとイニエスタ、二人で崩した感じです。

そのイニエスタのゴール、4つのワールドクラスのプレーが詰まっていました。

1.イニエスタのスペースへの走りだし

イニエスタはこのゴールまでの一連の流れの中で、まず左サイドでボールを受けたところから、最後は中央右寄りのバイタルエリアでボールを受けてゴールを決めています。

左サイドで一度ボールを受けた後、預けたままスペースを探し、見つけるとそこへすっと入り込み、ポドルスキが顔を上げた瞬間にスピードアップをし、フリーでボールを受けました。

ジュビロが、バイタルの守りを緩くしてしまったシーンは、試合を通じて数える程。
その1つを確実にゴールに結びつけるところがワールドクラスでした。

2.ポドルスキのパス

イニエスタがスピードを上げた瞬間に、ポドルスキがここしかないというタイミングでパスを出しました。

このパスが、スピード、コースともに抜群。

特にパススピードは、Jリーグレベルよりも2レベルより上でした。

3.イニエスタのトラップ

トラップに関しては圧巻でした。

大井の足が届くか届かないかのところにボールをおいて、ワンタッチで置き去りに。

4.イニエスタのキーパーを交わす冷静さ

そのあとの2タッチめでゴールキーパーを交わす冷静さもワールドクラスでした。

あれをやられたら、倒れるしかありません。

イニエスタとポドルスキがヴィッセル神戸のレベルを引き上げている

イニエスタとポドルスキの影響か、ヴィッセルがボールを支配するチームに変貌しました。

そして、驚いたことが、1つ1つのパススピードが上がっていたこと。

これは確実に、イニエスタとポドルスキの影響でしょう。

こういうチームが増えてくれるのは、嬉しいことですね。

イニエスタとポドルスキのゴールに絡むプレーに期待!

8月15日の試合でもゴールが生まれたように、イニエスタとポドルスキの連携が良くなっていますね。

ポドルスキ→イニエスタは生まれましたが、逆のゴールも期待したいところです。

しかし、期待通りの活躍をしてくれるイニエスタ。
大好きです。

Advertisement

観戦チケット無料プレゼント企画実施中!

CTA-IMAGE 現地観戦レポートや観戦のこぼれ話、また特別なご案内などはメルマガで優先的にご案内する予定です!たまーにですが、チケットプレゼント企画も実施するので、ぜひご登録を!