NEWS:ブログリニューアルしました

イヤイヤ期真っ只中の2歳児への接し方で気をつけたい5つのこと

イヤイヤ期真っ只中の2歳児への接し方で気をつけたい5つのこと

来てます。イヤイヤ期。
朝から毎日、イヤイヤ期の息子を車に乗せるのに汗だくになっている、イクメンサッカーブロガーのトヨアキです。

息子も大きくなって、イニエスタもJリーグに来たので、ようやくサッカー観戦にたくさん行けると思っていましたが、イヤイヤ期抜けるまではちょっと厳しそうな感じがして来ました。

ていうか、イヤイヤ期舐めてましたね。

でも、僕はもう達観しました。
イヤイヤ期の息子のこと、全然イライラしなくなりました。(いや、ウソです。ちょっとはイライラします)

そんな、現役イヤイヤ期の育児中の僕が、イヤイヤ期の子供への接し方の、5つのポイントを伝授しましょう。

Advertisement

魔の2歳児!イヤイヤ期は親もストレスMAX !

イヤイヤ期

魔の2歳児とはよく言ったもので、イヤイヤ期の子供のパワーは凄まじいものがあります。

これ、子供はイヤイヤ期ですが、この期間の親はイライラ期ですね。
うちの妻も、常にイライラしています。

このサイトにも書かれているように、まさに自己主張の嵐。
自分が進みたい方向に進めなければイヤイヤ。
自分のやりたいことをやらせてもらえなければイヤイヤ。
怒られれば反抗しまくり。

そんな子供の態度に、親もイライラして、怒ってしまう…。

僕もつい先日までそんな感じでした。

でも、心屋仁之助さんのPodcastを聞いて思ったんですね。
「子供も一人の人間だ」と。

そこで、僕なりにイヤイヤ期の子供への接し方で答えを出した結果、子供がイヤイヤしても、僕はイライラすることはなくなりました。

イヤイヤ期の子供に対する接し方と考え方のポイント

親と息子

そもそもですが、子供に対する接し方を考えるのはもちろんですが、まず大前提として考え方も変える必要があります。

それは、「子供も一人の人間だ」ということです。

他人の大人を変えようと思ったら、それはそれは大変な労力がかかります。
結果として、変わらない場合もあります。

なので、他人を変えようと思うなら、まず自分が変わったほうが早いのです。

これは、自分の子供にも当てはまります。

子供を自分の思い通りに動かすなんて、無理です。
子供を変えるのではなく、まずは自分が変わることを心がける。

子供でも、親の変化はわかります。
むしろ、接する人間が少ない分、親の変化に一番敏感なのです。

イヤイヤ期の子供は、「これをしたら怒られる」ってわかってます。
でも、イヤなんです。
イヤな理由を伝えられないし、何がイヤなのかもわからないんです。
結果的に、どんどんイライラします。

そこへ親がイライラをぶつけてしまうと、子供もイライラして、イヤイヤが激しくなります。

なので、まずは、親が考え方を変える努力をしましょう。
いきなりは無理でも、心がけるだけで違います。

考え方が変わったら、次の5つを意識して子供と接するようにしましょう。

イヤイヤ期の接し方1.怒らない

落書き

イヤイヤを続ける子供はしぶといです。
それを、朝とか忙しい時にやられると、ついつい怒ってしまいがち。

「なんでいうこと聞けないの!」

なんて怒鳴ったこと、ありますよね?
僕もたくさん怒鳴りました。

でも、子供がイヤイヤ言うのには、理由があります。
それは、些細なことなんです。

うちの息子の場合、おもちゃを置く角度が違っただけでもイヤイヤ言います(笑)

イヤイヤが暴走すると、とんでもない理由だったりしますが、それを突き詰めてあげて、解決してあげるとケロッと気持ちが前向きになります。

怒るのではなく、原因を一緒に探してあげる。

これだけで、親のイライラはかなり収まります。

イヤイヤ期の接し方2.意見を押し付けない

泣いちゃう

「ご飯食べないと大きくなれない」

とか言って、子供に無理に食べさせたりしたことありますよね?
普通の家庭なら、どこでもやっていることだと思いますが、これ、親の押し付けです。

ご飯を食べなければならない。

お腹が減っていないのに、ご飯食べなさいって言われても、大人なら食べないor時間をずらすなどの判断ができます。
でも、子供はその判断ができないのです。

食べろ→イヤだ→じゃあ食べなくていい

これは極端すぎます。

子供だって、お腹が減ったらご飯を食べます。
1食抜いたって、死にはしません。

何かを子供にやらせるというのは、親の押し付けです。

子供に自由にさせましょう。

イヤイヤ期の接し方3.命令しない

子供

「お風呂に入りなさい」
「寝なさい」

こんな口調で、イヤイヤしている子供に命令していませんか?

親だからといって、子供に命令してはいけません。

大人なら、命令されたら、ちょっとカチンとしますよね。
それは子供も一緒です。

子供だからといって、親の思い通りにしようとしてはいけません。

「一緒にお風呂に入ろう?」
「おやすみしよう?」

など、親と一緒に何かをするように語りかけたりするなど、言い方1つを工夫するようにしましょう。

イヤイヤ期の接し方4.解決しようとしない

はるた
桃ジュースに夢中の息子。

時には、なにが原因でイヤイヤしているのかわからないこともあります。
忙しくて、原因を追求できないときもあるでしょう。

なので、そういう時は諦めましょう。

もう、力技で無理やり連れていくことも大切です。

僕も、今日、朝息子が車に乗りたくない、イヤ、家に帰るとグズりました。
家で何かをしたかったことは予想できますが、時間がなかったので無理やり連れて行きました。

車に乗せるのは一苦労でしたが、走り始めて、保育園についたらケロッとしていました。

子供なんて、そんなもんです。

イヤイヤ期の接し方5.諦めない

犬

最後に大切なのは、諦めないということです。
子供のイヤイヤ期が続くと「今日も怒っちゃった」とか「なんで言うこと聞かないの」とか「育て方間違った」とか考える人がいるでしょう。

でも、まだ2歳児です。
人格形成はこれからです。

つまり、2歳児の数ヶ月のイヤイヤ期で、自分や子供を諦める必要はないのです
そんな、たった数ヶ月で全て完璧にできるなんて、どんなスーパーマンだよって話です。

イヤイヤしてる子供を見たら、「かわいい」と言えるくらい、気軽に接することが大切なのです。

イヤイヤ期は長くは続かない!気楽に接することが大切

イヤイヤ

イヤイヤ期の接し方、5つのポイントをご紹介しました。
イヤイヤ期は、そんな長い間続きません。
続いても数ヶ月です。

だから、気楽に考えましょう。

子供としっかりと向き合う、会話をする、たくさん遊ぶ。

それだけで意外と解決したりします。

子供を自分の思い通りに行動させるのは無理。
そのつもりで接すると、結構ゆとりを持てますよ。

お試しあれ。

Advertisement

観戦チケット無料プレゼント企画実施中!

CTA-IMAGE 現地観戦レポートや観戦のこぼれ話、また特別なご案内などはメルマガで優先的にご案内する予定です!たまーにですが、チケットプレゼント企画も実施するので、ぜひご登録を!