メルマガ登録してくれた人には抽選でJリーグ観戦チケットをプレゼント!いますぐ登録する人はこちらをタップ

Jリーグの秋春制移行問題について様々なご意見をいただいております

Jリーグの秋春制移行問題について様々なご意見をいただいております

先日更新した「Jリーグの秋春制の導入を真剣に考えるタイミング 秋春制の3つのメリットと3つのデメリット」の記事について、反対派から様々な意見をいただいております。

 

それについて、ツイッターでやりとりする中で、色々感じたことがあるので、書いてみようと思います。

Advertisement

Jリーグ秋春制移行について賛成派の意見

まず、Jリーグの秋春制移行に賛成している人の意見。
その急先鋒である秋春制推進派(@akiharuseisuish)さんの意見。

秋春制推進派。「12月上旬までリーグ戦、12月中旬下旬はCWC・天皇杯、1月2月はウィンターブレイク」の「冬開催なし秋春制」を支持。

ということで、@akiharuseisuishさんは、長期間のウィンターブレイクをとって、冬の開催をしなければいいと考えられているようです。

ということで、推進派の方は、主に「やってないのになんで失敗するってわかるの?」というスタンス。
ビジネスと一緒で、PDCAを高速で回せばいいのにという意見です。

起業家精神に溢れる方々の意見ですね。

三木谷さんとかが、Jリーグのチェアマンになったら、多分こんな感じでどんどん改革が進んでいくことでしょうね。

Jリーグ秋春制移行について反対派の意見

逆に秋春制移行についての反対派の意見もご紹介しましょう。

まあ、現状維持派ということですね。

人間は、基本的に変化を嫌う生き物です。なので、こういう人が多いのはわかります。

理由の1番は、やはり降雪地域のホーム開催が不可能なこと。

スタジアムの設備を降雪しても大丈夫なように変えるのに、どれだけの費用と時間がかかるんだ!

という意見ですね。

まあ、賛成も反対も、それぞれの正義があって、結局現在のJリーグでは、秋春制の開催は不可能という判断になっているので、春秋制が正義ということでしょうか?

Jリーグ秋春制移行についてのトヨナガの意見

今回、秋春制への移行を唱えたところ、様々な意見をいただきました。

で、改めてトヨナガの意見を述べておくと、別に僕は断固「秋春制推進派」ではありません。

基本的に、「やってダメなら戻せばいいじゃん」というスタンス。
だって、実際に熱中症で倒れたり、脱水症状を起こしている選手がいるし、夏場の連戦はちょっとやりすぎなので、選手の命やパフォーマンスの低下につながると思っています。

で、あと反対派の意見って、全部マーケティングをしっかりと固めて実施すれば、なんとか解消できそうなものだったりすると思うんです。

例えば、ウィキペディアから反対派の意見を拝借してみましょう。
  • 南米の主要なリーグに日程を合わせる事で、選手獲得を行いやすくなる。
  • 日本海側は雪が降る地域であり冬季には夏季には起こり得ない、積雪による開催中断が頻繁に予期される。
  • 北海道・東北・北陸など積雪地域では冬季に半分以上の期間ホームゲームが行えない。行うには高額なドーム球場の建設が必要となる上、ドーム球場があっても札幌ドーム(冬季は天然芝を植えたホバリングステージの使用が事実上不可能)のように冬季のサッカーの試合の開催が困難なケースがある。
    日本と同じく春秋制である南米の選手も、西ヨーロッパで多く活躍しており、海外移籍は大きな問題にはならない。
  • 秋春制では、新卒の選手にとって開幕までの半年間が無駄になる。
  • Jリーグクラブの多くは屋根の設備が貧弱な専用スタジアムまたは陸上スタジアムで観客が冬の風雨さらされやすく、欧州式の全座席を全てカバーした専用スタジアムは一般的ではないうえにJリーグクラブに速やかに設備投資をする力も資金もない。
  • ヒーターの設置はスタジアムだけではなく練習場にも必要であり、多額の出費が必要になる。
  • 選手や観客のスタジアムへの車での交通が不便、更には危険でもあり、雪の影響の少ない西ヨーロッパでもそれが原因で試合が中止となる事態が発生している。
  • 酷寒の冬季を避ける事は、選手の怪我を減らす事に繋がり、暑さに強く寒さに弱い日本人観客(一般的にアジア人は西洋人より汗腺が多く寒さに敏感である)の利便性にとっても有益である。
  • ドイツは関東より寒いが札幌などより暖かい上に、日本の積雪地帯はドイツの3倍から7倍の降雪がある。降雪や積雪が一番の問題である。
  • Jリーグは、理念や百年構想・リーグの公正性を保つためアウェー3連戦を禁止しており、雪が降る地域はアウェー連戦をすればよいという主張は、「雪が降る地域はハンデを負いなさい」「不公正なリーグにしなさい」「Jリーグの理念を捨てます」と言う主張である。アウェー連戦が成績悪化に直結した例はJリーグ創設以前の日本プロ野球でも枚挙にいとまがなく(死のロードも参照)、プロ野球では敵地でのゲームについて配慮の上、日程を編成することが慣習化されている。
  • ロシアの秋春制は春秋制でリーグ戦をしていた期間を変えず、3か月以上のウインターブレークを取る形で行われる。デンマークも長期のウインターブレークを取った日程な上、札幌・山形の1/4以下、新潟の1/10以下の降雪量である。
  • FIFAの規定にてシーズンオフの移籍期間は最低8週間、最長12週間と決められており、アウェー3連戦をしないようにウインターブレークを取ると1週間で2試合以上の超過密日程となる。
  • 冬季には、平日の夜間試合開催が集客的にも難しく、試合数の減少または過密日程は避けられない。
  • イタリア(セリエA)などでも、夜間試合の寒さにより、ゴールキーパーや観客が低体温症で入院するという事態も起きており、健康への悪影響は軽視できない。
  • 積雪地域の冬季を長期的なアウェーにすることは、積雪地域以外のクラブが、集客力が見込める季節の試合数を減少させることになる。
  • 国際サッカー連盟(FIFA)のジョセフ・ゼップ・ブラッター会長による、秋春制への統合の呼び掛けにも関わらず、デンマークを除く北欧、東アジア、北アメリカなど、日本と同じく北半球で春秋制を採用している国は多い。
  • ドイツ代表監督ヨアヒム・レーヴは、秋春制より春秋制の方がFIFAワールドカップでのパフォーマンスが上がるとしてブンデスリーガを春秋制にしてほしいと要望を出した(「他のリーグが足並みを揃えるなら」という条件付き)。
  • カタールでの開催が決定した2022 FIFAワールドカップでは夏の酷暑を避けるために11月〜12月にかけての開催が決定しており、欧州のサッカーリーグがこれに対応すべく春秋制に移行する可能性も出てきている。
  • リーグ戦終了後にワールドカップを行うことは、むしろほぼすべての選手が体力的に非常に厳しい。秋春制で過密日程を戦うことで知られるプレミアリーグでプレーしているイングランド代表は毎大会優勝候補の一角でありながら低調な成績に終始している。

ウィキペディアより引用

これ、基本的に「だから何?」っていうことばかりです。

例えば…

南米の主要なリーグに日程を合わせる事で、選手獲得を行いやすくなる。
今期トーレスやイニエスタが来たように、別にリーグの日程で選手の獲得のしやすさは関係ありません。
日本海側は雪が降る地域であり冬季には夏季には起こり得ない、積雪による開催中断が頻繁に予期される。
積雪する時期は、そもそもこの地域で開催しなければいい。
北海道・東北・北陸など積雪地域では冬季に半分以上の期間ホームゲームが行えない。行うには高額なドーム球場の建設が必要となる上、ドーム球場があっても札幌ドーム(冬季は天然芝を植えたホバリングステージの使用が事実上不可能)のように冬季のサッカーの試合の開催が困難なケースがある。
ホームゲームをしなければいい。中立開催やアウェイ連戦でスケジュールを調整。
日本と同じく春秋制である南米の選手も、西ヨーロッパで多く活躍しており、海外移籍は大きな問題にはならない。
その通り。ただ、シーズン中に主力選手が移籍することは、チームにとってデメリットにはならないかな?と思う。
秋春制では、新卒の選手にとって開幕までの半年間が無駄になる。
別に無駄にはならなくないですか?リーグが開幕するのは卒業から半年後でも、チームの始動はもっと早いでしょ。

なんか、子供の喧嘩みたいな反論と答えになっていますよね。
つまり、秋春制を反対する方も、賛成する方も、決定的な意見がないというのが実情だと思います。

僕としては、別に今シーズンみたいに、夏場の連戦が無くなるならば、秋春だろうが春秋だろうがどっちでもいいです。
ただ、守るべきはパフォーマンスの維持と選手の命。

選手の命を守るためには、夏場にゲームの少ない秋春がいいのでは?というくらいです。

でも、それをいうと「8月に試合をしないのは不可能」とか「秋春にしても夏場に試合はやりますー」みたいな反論が多くて、ちょっとがっかりしました。

秋春制とか、春秋制に囚われてしまい、「なんのために?」が抜けているような気がします。

まあ、Jリーグといえどもビジネスなので利益を考えると夏休みに試合を多く開催したい気持ちはわかります。
だけど、薄利多売じゃなくて、単価をあげたりする方向で考えればいいのに。

なんか、日本人みんながサッカー見にきてほしい!みたいな理想論がありすぎて、ちょっと気持ち悪いと感じました。

今のJリーグのチェアマンはリクルート出身のビジネスマンなので、少しは変わるかと思いましたが、大企業からの抜擢じゃ難しいのかな…。

ただ、スポンサーの獲得など、さすがはビジネスマンという感じの実績も残しているのは事実。
この2年間でどう変わるのか、注目したいところです。

最後に、ついでなので反対派の意見に全て意見して終わりにしたいと思います。

Jリーグクラブの多くは屋根の設備が貧弱な専用スタジアムまたは陸上スタジアムで観客が冬の風雨にさらされやすく、欧州式の全座席を全てカバーした専用スタジアムは一般的ではないうえにJリーグクラブに速やかに設備投資をする力も資金もない。
最初は別に導入する必要はない。
ヒーターの設置はスタジアムだけではなく練習場にも必要であり、多額の出費が必要になる。
最初は別に導入する必要はないし、沖縄とかで過ごせばいい。
選手や観客のスタジアムへの車での交通が不便、更には危険でもあり、雪の影響の少ない西ヨーロッパでもそれが原因で試合が中止となる事態が発生している。
冬はそもそもホームゲームを開催しない。
酷寒の冬季を避ける事は、選手の怪我を減らす事に繋がり、暑さに強く寒さに弱い日本人観客(一般的にアジア人は西洋人より汗腺が多く寒さに敏感である)の利便性にとっても有益である。
ホームゲームを開催しないので問題ない。それを言ったら天皇杯もやめたらいいとなる。
ドイツは関東より寒いが札幌などより暖かい上に、日本の積雪地帯はドイツの3倍から7倍の降雪がある。降雪や積雪が一番の問題である。
いや、それはわかってるけども。わかった上での議論でしょうよ。
Jリーグは、理念や百年構想・リーグの公正性を保つためアウェー3連戦を禁止しており、雪が降る地域はアウェー連戦をすればよいという主張は、「雪が降る地域はハンデを負いなさい」「不公正なリーグにしなさい」「Jリーグの理念を捨てます」と言う主張である。アウェー連戦が成績悪化に直結した例はJリーグ創設以前の日本プロ野球でも枚挙にいとまがなく、プロ野球では敵地でのゲームについて配慮の上、日程を編成することが慣習化されている。
重箱の隅をつつくようなこと言わずに、冬場は我慢してもらう分、開幕当初とリーグ終盤に手厚いリターンがあるように配慮すれば良くない?
ロシアの秋春制は春秋制でリーグ戦をしていた期間を変えず、3か月以上のウインターブレークを取る形で行われる。デンマークも長期のウインターブレークを取った日程な上、札幌・山形の1/4以下、新潟の1/10以下の降雪量である。
ウィンターブレーク取らなければいい。
FIFAの規定にてシーズンオフの移籍期間は最低8週間、最長12週間と決められており、アウェー3連戦をしないようにウインターブレークを取ると1週間で2試合以上の超過密日程となる。
アウェー3連戦の禁止はJリーグの規約なので、そんなもん変えればいい。
冬季には、平日の夜間試合開催が集客的にも難しく、試合数の減少または過密日程は避けられない。
それはクラブの集客やマーケティングに対する企業努力が足りていない証拠。
イタリア(セリエA)などでも、夜間試合の寒さにより、ゴールキーパーや観客が低体温症で入院するという事態も起きており、健康への悪影響は軽視できない。
夏場の熱中症や脱水症状も同様のことが言える。
積雪地域の冬季を長期的なアウェーにすることは、積雪地域以外のクラブが、集客力が見込める季節の試合数を減少させることになる。
これもクラブの集客やマーケティングに対する企業努力が足りていない証拠。季節に左右されるという概念は捨てるべき。
国際サッカー連盟(FIFA)のジョセフ・ゼップ・ブラッター会長による、秋春制への統合の呼び掛けにも関わらず、デンマークを除く北欧、東アジア、北アメリカなど、日本と同じく北半球で春秋制を採用している国は多い。
それは反対理由にならないでしょう。
ドイツ代表監督ヨアヒム・レーヴは、秋春制より春秋制の方がFIFAワールドカップでのパフォーマンスが上がるとしてブンデスリーガを春秋制にしてほしいと要望を出した(「他のリーグが足並みを揃えるなら」という条件付き)。
代表をメインとする必要があるか?
カタールでの開催が決定した2022 FIFAワールドカップでは夏の酷暑を避けるために11月〜12月にかけての開催が決定しており、欧州のサッカーリーグがこれに対応すべく春秋制に移行する可能性も出てきている。
そんなのこの1大会に限ったことでしょう。
リーグ戦終了後にワールドカップを行うことは、むしろほぼすべての選手が体力的に非常に厳しい。秋春制で過密日程を戦うことで知られるプレミアリーグでプレーしているイングランド代表は毎大会優勝候補の一角でありながら低調な成績に終始している。
4年に一回の話でしょう。
Advertisement

観戦チケット無料プレゼント企画実施中!

CTA-IMAGE 現地観戦レポートや観戦のこぼれ話、また特別なご案内などはメルマガで優先的にご案内する予定です!たまーにですが、チケットプレゼント企画も実施するので、ぜひご登録を!