メルマガ登録してくれた人には抽選でJリーグ観戦チケットをプレゼント!いますぐ登録する人はこちらをタップ

無料オファーはこうやって作れ!

無料オファーはこうやって作れ!

こんばんは、トヨアキです。
今日は営業にまわっていましたが、色々電話が多くて、なかなかはかどりませんでした。

さて今日は、「リスト集め」の為に必要な【無料オファー】の作り方についてちょっとお話したいと思います!

Advertisement

無料オファーのつくり方

  • なかなかリストが集まらない
  • 無料オファーの作り方がわからない
  • 無料オファーの反応が悪い

こういう悩みって、ありますよね?
僕も、リスト集めには非常に苦労しています。

単純にLPの内容や広告に問題がある場合もありますが、無料オファーが弱く、最後のクロージングがかけられていない場合が8割を占めると思います。
では、最後に「ビシッ」と決められる無料オファーって、どうやって作ればいいのでしょうか?

無料以上の価値があるオファーを出す

僕も、経験があるのですが、無料オファーを作るときに【とりあえず】作る人、とても多いです。

「とりあえずこれでいいかな?」
「無料なんだからこの程度でいいだろう」

こんな気持ちで無料オファーを作っていませんか?
ただし、この無料オファー、あなたにとっても無料ですが、お客さんにとっても無料だということ、忘れていませんか?

無料オファーは「とりあえずもらっておく」

無料オファーを渡した段階では、見込み客は価値を感じてはいません。
だって、無料だから。

「とりあえず無料だから申し込んで、時間があるときに見よう」

くらいにしか思っていません。

おそらく、あなたも逆の立場だったら同じ感覚で申し込んでいませんか?

つまり、【申込】の段階では、【見込み客一歩手前】くらいの感覚で考えておかないといけません。

申込で終わらずに、使ってもらえるようなプランで、無料オファーを構築する必要があります。

使ってもらうためには●●●●リストが最適!

無料オファーというと、大体次の4つがメインですよね。

  • 小冊子
  • PDF
  • セミナー動画
  • メール講座

でも、このうちどれも、使ってもらう、見てもらう、読んでもらうという観点から言うと、ちょっと弱いですよね。

では、使いたくなるオファーとはどんなものでしょうか?

それは・・・

 

 

 

 

チェックリストです。

ええ?そんなので良いの!?と思いました?

いいんです!
目的は、【使ってもらう】事だから!

例えば、【会社設立に必要な資金と手順】みたいなリストを無料オファーしてあげたり、某有名コンサルの方は、【店舗集客に必要な100の販促アイデア】なんてリストをオファーしています。

つまり、見込み客が今すぐ見たくなるように、チェックリスト化したものを与えてあげれば、とりあえず目を通してもらえるわけです。
そこからは、ステップメールなり動画なりで、補足をしてあげれば、ここが【顧客】へと成長していくでしょう。

まとめ

いかがでしたか?

無料オファーを作る上で一番大切なのが、【有料で出してもおかしくない】情報を提供することです。

使ってもらった見込み客に、「え!無料でいいの!?」と思わせられるもの、その為には使ってもらえる事が大前提となります。

そこを念頭において、無料オファーを構築していってください。

Advertisement

観戦チケット無料プレゼント企画実施中!

CTA-IMAGE 現地観戦レポートや観戦のこぼれ話、また特別なご案内などはメルマガで優先的にご案内する予定です!たまーにですが、チケットプレゼント企画も実施するので、ぜひご登録を!