メルマガ登録してくれた人には抽選でJリーグ観戦チケットをプレゼント!いますぐ登録する人はこちらをタップ

ドルトムントが王座奪還に向けて補強中

ドルトムントが王座奪還に向けて補強中

こんばんは、トヨナガです(@t040aki)。

バイエルンの1強状態が続くドイツ・ブンデスリーガ。
そのバイエルンを毎シーズン追う立場にいるのが、香川が所属するドルトムントでしょう。

決してメガクラブとは言えないドルトムントは、毎シーズン上位に食い込むものの、オフシーズンには主力を引き抜かれるという、メルカートでは弱者の部類に入ります。
まあ、それでも毎シーズン優勝争いしているのは逆にすごいんですけど・・・。

そのドルトムントが、今シーズンは補強を頑張っています。
今日はドルトムントの補強をまとめてみます。

Advertisement

ゲッツェの復帰&シュールレ獲得で優勝を目指す

2014-2015シーズンはちょっと低迷しましたが、過去6シーズンで2度の優勝、3度の2位と、ブンデスリーガではバイエルンに次ぐ強豪チームと言っても間違いないと思います。

しかし、2011-2012シーズン以来、優勝から遠ざかっているのも事実。
毎年主力が引き抜かれ、新たに若手を獲得するもチームにフィットするまでは時間がかかるので、前半戦調子悪くて、後半戦で巻き返すみたいなのがドルトムントのパターンになっています。

今シーズンも主力の引き抜きは止まらず

例年通り、来シーズンに向けてのドルトムントは、まず主力の引き抜かれから始まりました。

主将のフンメルスがライバルのバイエルン、昨シーズン大活躍のムヒタリアンがマンチェスターU、2011シーズンから所属していたギュンドアンがマンチェスターCへそれぞれ去っていきました。

特にフンメルスの穴は大きく、ここ数年で一番のダメージだったのではないでしょうか。

例年通り若手を獲得

一方補強はと言うと、例年通り各国の若くて才能ある選手を安く獲得してきています。

レンヌからは18歳のFWデンベレを獲得。
さらに「トルコのメッシ」事、18歳のエムレ・モルも獲得しました。

フンメルスの後釜では、バルサから出場機会を求めていたバルトラを獲得。
ただスケールダウン感は否めません。

若手が今後3~4年で成長し、また売却されるっていうのがいつものパターンですね。

ドイツ代表2選手を獲得して優勝を目指す

例年で言うと、おそらくこれくらいで補強は終わっていたと思いますが、今年のドルトムントは一味違います。

まずは、前々から言われていたように、ドルトムントからバイエルンに移籍し、バイエルンで出番を失っていたゲッツェを出戻りで獲得。
ゲッツェ、香川、ロイスの中盤は結構魅力的ですね。

だた、この3人、ケガが多いので気を付けてほしい。

と思っていたところに、同じくドイツ代表のシュールレを獲得という情報が!
彼も前線ならどこでもできる選手でなので、攻撃陣は結構駒がそろってきたと思います。

不安なのはやっぱり守備陣

来季は打倒バイエルンという気概が伝わってきますが、やはりフンメルスの穴をバルトラで埋めるには無理がありそう。
このセンターバック問題を解消する為に、もう1人~2人くらい獲得したいところですね。

Advertisement

観戦チケット無料プレゼント企画実施中!

CTA-IMAGE 現地観戦レポートや観戦のこぼれ話、また特別なご案内などはメルマガで優先的にご案内する予定です!たまーにですが、チケットプレゼント企画も実施するので、ぜひご登録を!