NEWS:ブログリニューアルしました

ルーニーがユナイテッド退団へ

ルーニーがユナイテッド退団へ

おはようございます、トヨナガです(@t040aki)。

今日から早寝早起きをトライアル。
昨日は21時にベッドに入り、3時に起きる予定…が、起きたら4時半でした。

ヨーロッパでは、移籍市場が開幕し、割と大物が動いたり、動かなかったり。
その中でも、ユナイテッドで干されかけていたルーニーが古巣に復帰することになりました。

スポンサーリンク

 

ウェイン・ルーニー、エバートンへ帰る

ということで、ルーニーが古巣エバートンへの復帰を発表しました。
16歳でエバートンのトップクラブでデビューし、18歳でユナイテッドへ移籍。
31際でエバートン復帰なので、おそらくこれで最後のチームという感じでしょうね。

ユナイテッドでは、クラブ歴代最多ゴール数を誇り、レジェンド的な存在となっていましたが、モウリーニョ体制からは出場機会が激減。もっと言えば、その前のファーガソンが退任したあたりから、彼の希望するポジションで起用されなくなったりと、まあなんかかわいそうな扱いはされていたイメージでした。

ただ、ルーニーってFWとしてももちろん有能なんですけど、「THE・ユーティリティー」の代表みたいな存在ですよね。
色々な事情があるとは思いますが、彼の献身性を最大限に発揮させていたファーガソンは、やっぱり名将だったんでしょうね。

C・ロナウドとのコンビは忘れられない

不仲説なんかもありましたが、C・ロナウドがここまでストライカーとして成長できた一つの理由に、ルーニーの存在は間違いなくあると思います。

自分で点を獲ることもできるルーニーは、ロナウドとコンビを組んでいるときのバランサーとしての能力をいかんなく発揮し、彼が守備をしない分(しても役立たずな分)、必死になって前線からポジション関係なく走り回っていました。

ルーニーのすごいところは、持久力はもちろん、あの体型で足が早いこと。
ロナウドと一緒に並走できていたので、全盛期のスピードは相当早かったと思います。

個人的には、まだまだできる選手だと思っているので、頑張って欲しいと思います。

スポンサーリンク

日刊メルマガ発行中!

CTA-IMAGE ブログで掲載していない、こぼれ話をほぼ日刊で配信しています。ぜひご登録ください!