メルマガ登録してくれた人には抽選でJリーグ観戦チケットをプレゼント!いますぐ登録する人はこちらをタップ

【サッカー】U-21日本代表がベトナムに敗戦!東南アジアの躍進

【サッカー】U-21日本代表がベトナムに敗戦!東南アジアの躍進

現在行われているアジア競技大会。

バスケの不祥事が大きく取り沙汰されてしまい、非常に残念ではありますが、その一方で東京オリンピックを目指すU-21サッカー日本代表も参戦していることをご存知でしょうか?

実はU-21日本代表、これまででは考えられない敗戦を喫してしまいました。

Advertisement

東南アジア勢が強くなっている

アジア競技大会に挑んでいるU-21日本代表。
基本的に、同組になった各国はU-23代表で構成されているので、年齢的には年上が相手なのですが…。

グループリーグで、ベトナムにまさかの敗戦を喫しました。

結果的には、予選を2位で通過し、決勝トーナメントに駒を進めたのですが、これまでの日本代表がベトナムに負けるなんて、考えられませんでした。

Jリーグに巻き起こるタイ旋風も東南アジア

今回のベトナムだけではなく、Jリーグにも東南アジアに位置するタイ人選手が増えるなど、今後旋風が巻き起こりそうな気がしています。

そんなことを考えていたら、今回のベトナムに敗戦するという出来事。
これはもう、東南アジアは「勝ち点を拾う」チームではなく、「優勝を争うチーム」にまで成長するのも近づいているのかもしれません。

本田圭佑のカンボジア代表監督就任も東南アジア

本田圭佑がカンボジア代表の監督に就任したのも、東南アジアのサッカーのレベルが上がっていることも影響しているのかもしれません。

Jリーグ創世記にジーコが日本にいたように、ストイコビッチやドゥンガがいたように、カンボジアにおける本田圭佑はそのような存在なのかもしれません。

アジアのパワーバランスが崩れる日も近い

これまで、ワールドカップのアジア予選では、2次で姿を消すことがほとんどだった東南アジア勢ですが、今後は最終予選にまで進出してくるチームも多いでしょう。

中東や東アジアの国のように、フィジカルを活かしたチームは少なく、どちらかと言えば日本と同じようにしっかりと繋いでくるチームや、前線からのプレスでショートカウンターを狙ってくるチームが多いように感じます。

蒸し暑い気候も手伝い、90分走り続けられる選手の多い東南アジア勢。

今後のアジア予選の戦いは、より難しいものになっていくでしょう。

Advertisement

観戦チケット無料プレゼント企画実施中!

CTA-IMAGE 現地観戦レポートや観戦のこぼれ話、また特別なご案内などはメルマガで優先的にご案内する予定です!たまーにですが、チケットプレゼント企画も実施するので、ぜひご登録を!